口臭が形成する二つ方面の原因

生活の中ではそのような人がたくさんあります。彼らは口から臭いにおいが漂っています。他人が嫌されだけでなく、自分もとてもばつが悪くて、交流が大きく割引が引き込まれます。さらに、仕事も恋愛も危険があります。肉体からの苦しみに比べて、これは精神上にもっと苦難されます。

では口臭はいったいどのように発発生しますか?

それが一時的種類と長期的種類があります。何が一時的口臭ですか?それは時間から見れば一時的なのです。例えば、食事をする時、何粒のネギを多く食べたので、、食後、口に殘るネギの濃厚な匂いがあります。このような口臭は一時的口臭です。

長期的な口臭の原因は主に胃腸を積熱したんです。これが多いのは暴飲暴食なのです。胃腸の熱は高エネルギーや高熱量があるものがたくさん食べて、胃腸はその正常消化できないのです。口臭が形成する原因は胃腸の熱を積み上げて、それによって胃腸を積熱すぎて、月日にわたって、口から胃气が返えるという臭いにおいが放つということです。加えて、もし、彼はいつでも徹夜すれば、あの胃腸の機能を乱れることが引き起こして、口臭も発生しました。一般的に、この人は便秘の状況が深刻です。