口臭対策を公開しましょう

会社で同僚に口が臭いといじめられて、本当に地獄の様な日々でしたが今は治りました!ここは人に不快な印象を与えてしまう口臭を防ぐための効果的な方法があります。口臭対策の基本的なアドバイスをご紹介します。

歯磨きで口臭対策
まずは、朝晩の1日2回は最低2分間歯磨きしましょう。舌のクリーニングも忘れずに。かかりつけの歯科医に、あなたに合った歯の磨き方と舌のクリーニング方法や、あなたのお口の状態にあった電動歯ブラシのモデルのアドバイスをもらうとよいでしょう。

口臭対策の事を考えるのであれば歯磨きは起床後と就寝前の30分がおすすめです。特に起床してから30分を過ぎると口の中の最近は通常時の30倍になると言われています。朝起きたばかりの口臭菌がまだ少ない時であれば歯磨きで除去する事が可能ですが、菌が繁殖してしまった後では全てを除去するのは非常に困難になってしまいます。出来るだけ早めに歯磨きをして口臭菌を落としきる事を意識する様にしましょう。

小さな歯ブラシを使いましょう
口臭対策を意識して歯磨きをするのであれば出来るだけ小さな歯ブラシを使う様にした方が良いでしょう。大きな歯ブラシの方がしっかり磨けると勘違いしている人もいらっしゃいますが、実際は真逆で大きな歯ブラシは細かいところまで磨く事が出来ないのです。

口臭を発生させてしまう原因は歯の表面ではなく、隙間に詰まっていますので小さな歯ブラシを使って細かい隙間をしっかりとケアする事を意識すると良いでしょう。

においの強い食べ物を控える
臭いの強い食べ物を食べると、一時的に口臭が強くなることがあります。特ににんにくは、胃を通して血液中にも臭いの原因物質が含まれるので、歯磨きで口の中をきれいにしても、体内から臭い物質が排出されるまで、呼吸に臭いが残ることがあります。だから、日常の生活で匂いの強い商品をできるだけ控えてください!

虫歯や歯周病がある
口臭が強いときは、虫歯や歯周病にかかっている可能性があります。それらの病気があると、細菌が繁殖しやすく、臭いも発生しやすいからです。定期的に歯医者さんに通い、自分ではなかなか取り切れない歯垢を取り除くのに、歯科医院でしかできないプロのクリーニングを受けましょう。