生活の中での口臭対策について

自分の口臭は、自分自身では気づかないことが多いようです。ただ、他人の口臭はけっこう敏感に反応してしまうものです。つまり、自分の口臭も実は「臭い!」と周囲に思われているかもしれません。
もし自分の口臭が少しでも気になりだしていたら、その口臭が発生する原因を探ってから対策をとることです。口臭は歯茎や消化器官の異常であったり、さまざまなことが原因で発生してしまいます。自分の口の中や身体の状態を把握し、生活スタイルまで見直すことで、本当の口臭対策ができるようになります。

口臭は遺伝的な要素でなる事もありますが、主に病気が原因で発生してしまうと言われています。体の不調と密接に関係している点について原因を解明してみたいと思います。
1.虫歯や歯周病が原因で口臭が発生
胃の中から発生してしまう口臭もありますが、多くは口の中の病気が原因です。
虫歯と言うと歯が黒くなるだけだと思うかも知れないですが、実は虫歯菌が歯を攻撃する時に発生する物質が口臭の原因となってしまう事があります。
虫歯がある人はすぐにでも歯医者に行って治してもらうべきでしょう。これだけでも口臭がかなり改善されるケースが多い様です。同じ様に歯周病も口臭の原因となってしまう事がありますので、こちらも早めに治療をした方が良いでしょう。

2.胃の不調で口臭が発生
口臭は口の中の臭いだけが原因と思われるかたもいるかと思いますが、原因はそれだけではありません。もっと他のところにもあります。その中でももっとも大きいのが胃の不調です。
胃が荒れていたり調子が悪かったりすると非常に不快な口臭を発生させてしまう事になってしまうのです。口臭が気になって仕方がない方はまずは胃の調子を整える事から始めてみると良い対策になる事が多いみたいです。

口臭対策は普段なにげ無くしている生活習慣を改善する事でも実行する事が出来ます。特に簡単の方は特別な口臭対策をしなくても改善する事が出来ます。誰でも簡単にすぐにでも実行出来る口臭対策を紹介しますので参考にしてみてください。
1.磨きで口臭対策
歯磨きは口臭対策の第一歩です。基本中の基本と言っても良いと思います。
しかし、その歯磨きも間違った方法で行ってしまうと口臭を余計に酷くなってしまうので注意してください。
特に食後の歯磨きは注意です。ご飯を食べた後の口内は酸性になっており、歯の表面が削れやすい状態になっています。酸性の状態の時に歯磨きをしてしまうと歯の表面を削ってしまい口臭に繋がってしまう事があります。
さらに口臭を防ぐために大切な唾液を全て洗い流してしまうのも非常に危険です。歯を磨き終わってすぐはサッパリとして非常に気分が良いのですが、必要な唾液まで洗い落とすことでより口臭を酷くしてしまう事があります。食後の歯磨きは朝よりも慎重になって行う必要があるのです。

2.歯ブラシは出来るだけ小さなものを使いましょう
口臭対策を意識して歯磨きをするのであれば出来るだけ小さな歯ブラシを使う様にした方が良いでしょう。大きな歯ブラシの方がしっかり磨けると勘違いしている人もいらっしゃいますが、実際は真逆で大きな歯ブラシは細かいところまで磨く事が出来ないのです。口臭を発生させてしまう原因は歯の表面ではなく、隙間に詰まっていますので小さな歯ブラシを使って細かい隙間をしっかりとケアする事を意識すると良いでしょう。

3.できるだけ水分を多く取る
口臭対策を行う上で水分は非常に重要です。口に中が渇いた状態だと口臭菌が発生してしまう可能性が非常に高くなってしまうからです。常に水分補給を意識する事で菌が繁殖してしまう事を防ぐ事が出来ます。

4.鼻呼吸を身につける
口の中が渇く事で口臭の原因である菌が繁殖してしまいます。口の中は常に水分がある状態の方が口臭は発生しにくくなります。普段から口で呼吸する癖がある人はどうしても口の中が乾いて、口臭菌が繁殖してしまう傾向にあります。
特に寝ている時は無意識に口を開けてしまう場合がありますので、不安な人はマスクをするなどして口内が乾かない様にしてみても良いでしょう。
これだけでも翌朝以降の口臭対策として非常に効果があります。