口臭暖秋

に座って月曜日の教室、日光リラックマの散臥大半の体、あなたは専ら先生の文字の時、ふと彼女がこっそり曳家体までに全体の教室.流転の光と影はすべて人の顔が映って、私達はやっとだんだん知覚、彼女の情熱の温度を無視して、しようがない笑笑、寵て溺来して、寵している.

ない時からこのような渇望が彼女の温度を、彼女の優しい、まるで真夜中に日光を追い払ったすべての暗いと寒さ;散から少し満足、酔う中、目を閉じて,口臭、感じは日光のシャワーだけではなく幸せとなりのうたたね、半合目にして、目の前には枚の瑩麗珍奇な図…

が日光の散歩道,轻哼無曲短調、風で、金色の落ち葉が旋舞;心もそのように融合、未練は何枚と秋葉,人や風景が映り、淡いは酔わせるメロディー…

p>を浸し<ふわふわした秋色のカーペット、木のてっぺん蕩は雲の清紗;疲れてしばらくの間の夢からハロー開いて、空気もひときわ清らかさは、脳の中の雑念を離れて、大きく息を吸い込んで、自分の幸せをしたい
.

p>と聞いて<葉のハーモニー、音楽を開け、一曲ピアノドーマント幽遠、淹れ1杯の草花のお茶を持ち、大自然の贈り物、清雅のお茶は唇を転々として、前回のあの1段の文字を読んで、続けて心の旅…生活のすばらしい点滴を発見して、微塵を逃すことなく、それは微塵河川の時、生命はもう別の1番の景色かもしれない.

月曜日にあまりにも多くの私たちの真情を積載したので、この日の第1回を意味して忙しい一日とは着かないのを5日あるいは6日、この暖秋が私たちに良い気持ちで、冬のため近くなった春は遠くない…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です