十八の口臭交差点

一日には、私はどんな瘋狂、またどんな迷いを迷います.

私はも酒に対て歌うべし、酒を交わしながら話をする.だからうつ病も釈放されて.気性が麻酔された時、杜屋のような難しいご時世酬の感慨を.そして大きな声で笑う、咆哮.私はどんな狂喜が必要で、これらの蓄積の悲しみを釈放することができます.

私は携帯電話の電源状態に携帯電話をすることができますか.すべての人の邪魔を拒否して、部屋にじっとして、一人は1つの地方に座って静かな思いに座って.私の過去、現在、未来
.疲れをいっぱい全身登ると、睡眠中の無事に過ごして.

私は、被害の子供みたいに、使っていない本を一枚一枚一枚の剥破片にすることができますか.壊れてもすべての若さは完全にならないように.指に痛み、力を失う.そして掃き、捨てて.何も起こらないように.

私は十字路に立って、あちこち徘徊,口臭、私が行きたい方向を探していません.未知の戸惑いに、今は懐かしい.逃げて欲しい時、力を入れて自分で道を押して.

私は簡単な旅行をすることができて、すべての重さを捨てます.気兼ねなく進んで行く.この町から別の都市へ.道を歩いて、道中の景色を観賞、道のでこぼこ、異国の他郷の人と出会う.思い出には必要ない.再スタート、再出発.

いつか延び延びの若さが倒れていると思ってた.いつか少年は、私たちは,大人の軌道には、私たちは、大人の軌道には,私たちは、私たちは、私たちは、されている.避けられないときは、少しずつ浸食されて.

長旅、長距離、歩きながら愛.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です