私はご飯を口臭炒めます

生まれは河北省の農村からパスタ、軽食育ち、固有の食習慣を私はご飯一顧だにしない上、饅頭,餃子、麦餅など各種パスタが格段に行く,それほど目に物の程度.炒めご飯は食堂朝食レシピで唯一毎日必須の主食.一度は、目で偶然にその身に飛んで、それに鮮やかな色に惹かれて、米粒ずつ充実して、颤微微、内外に見えるのは強い道、赤いニンジン、緑の靑豆、玲瓏のハム、卵などいろいろな真珠うすい黄色、そのうちを飾って、清の新しい広場.試してみると、歯ごたえ、香りがすぐにすべての味蕾の積極性を励起して、人を超しさせる.

以来、毎日食堂に入ると、目はいつも無意識に落ちいり米をご飯に、ついてきますのよだれを回って口の中で.私は明らかにして、私はご飯を炒めます.

1件の事を堅持し、時間が長くなり、視覚疲労、あるいは嫌になりますと言われてます.パスタも、ご飯も十年、八年,口臭、また良い味も魅力を失う.愉悦の気持ち、生活の激情を保持するためには、調薬、変通、自分の輪を出て、自分の需要と問題を自分の輪に見て、自分の需要と問題を見つめなければなりません.習慣は真理、習慣は変わることは可能で、ごり押しにして習慣を守り抜く、光の目、生活、豊かな人生のチャンスを失うことになる.麺類は長く食べて、本当にご飯を食べて、栄養を補充して、また味を交換して、そのためにしても、ありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です