台風後整理環境、気をつけて伝染病の口臭さんの撇步

台風挟带豊か雨量襲台、一部地域では道路の地面にたまった水や浸水被害が、病気の統制計画によると、風害後必ず整備澈底民衆を強化し、室内外の地面にたまった水容器を一掃して、郷裏の際は個人衛生防護を準備し、食生活に気をつけ、クリア、清潔、消毒防疫三撇步:

,クリア病メディア蚊孳源、予防デング熱

現デング熱流行期、発生を防止するため、民衆に災後は自らを取り除き戸家庭環境、内外孳源、タイヤ、鉄アルミ缶、キャンパス、ペットボトル、盆栽当て盤など、病気をコミュニティメディア蚊密度、減少デング熱ウィルスの伝播.

二、整理なかれ裸足やスリッパで家を避けるために、感染钩端螺旋体、類や破傷風鼻疽

災後易汚水が発生する、汚泥や災害に廃棄物を一掃するときは必ず着て郷裏や長靴、レインブーツ防水防水手袋やマスクを装着する留意避けさびられ器物(例えば釘、鉄片など)や切り傷の刺し傷を防ぐため、感染钩端螺旋体病、類鼻疽、破傷風などの伝染病.熱、頭痛,筋肉痛、腹痛、下痢,口臭、黄疸、倦怠などの症状が出て、医者になり、医師に関連している接触の史、けがの原因と傷口汚染状況を告知し、利医師診療.3、注意して飲食及び環境衛生、腸伝染病に予防に予防によっては、水の安全、民衆は消毒に消毒し、水を煮沸後に飲み、水や解凍した食品に浸して、水または解凍された食品は食用にしないでください.また、市販の塩素漂白し購入水希釈ひゃく倍、家庭環境を拭いて;道具や食器は煮沸消毒、煮沸しない者は、じゅうリットルで清水加よんじゅうミリリットル漂白水で希釈消毒を行う.

疾管署に続く各県市衛生局と協力、被災状況を紹介して監視伝染病に対して、雨上がり病メディア蚊孳源列管地域で整理と予防.民衆がある場合に临床医师に適応して、医者にかかるようなことは疑い例が直ちに通報を減らすまきちらすリスク伝染病.疾管署まで世界情報網をかける国内や無料防疫専用線1922(または0800-001922)問い合わせる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です