若年は麻疹に感染して群を感染して同行する民衆の口臭キセル民衆に注意して注意して下さい

疾管署の発表本(2014年)第22例はしかの事例を確定し、27歳で桃園の女性は、先週発表第21例南投診断事例(指標事例)のお姉さん、曾於じゅう月じゅう日からじゅうに日世話指標事例、じゅう月にじゅう日から発熱、流鼻の水など症状、じゅう月23日に発疹、病院で診察を受けたことが判明し、現在入院隔離中、本年第三群れるから国内感染事件.衛生ユニットには列管2名の接触者共事例248人、予想の追跡観測からじゅういち月じゅうよん日、現在つかんで中に人家族がはしか症状事例を疑い、疫調査や接触者追跡中.

疾管署によると、個別のケース曾於じゅう月にじゅう日ろく時さんじゅう分自埔里搭乗南投の旅客輸送の至高の鉄台中ステーションに乗り換えてはち時01分列車高速鉄道駅へ桃園;じゅう月24日じゅうよん時0分心鉄桃園駅より高速鉄道(第さん車両)台中ステーションに戻って,その後はじゅうご時じゅうご分に乗り換えて南投旅客に埔里.上記の時間帯と呼びかけに搭乗車両や同高速鉄道の旅客輸送のダイヤと民衆を警戒して、自己の健康監視自主健康管理じゅうはち日(からじゅういち月じゅういち日まで)の場合,発熱、発疹などの症状を尽くすべき速や疑い、そして能動的告知医師に関する接触史.

麻疹は高い伝染病、発疹前後よんしよ日平均具伝染力の国際交流は頻繁にやすいように、旅行や帰省、ビジネスなどのパイプを備えないで国内に入って、免疫力の群れ間高速の伝播.疾管署によると、少数で壮者未感染せず、および一部の靑年グループは幼少の頃のワクチン接種が、抗体が年齢とともに成長のための減衰、例えば感染後、家族や仲間からなどが伝えられる者.提案は1981年以降に生まれの成人,口臭、必要な場合に流行地域や仕事が発覚リスク、ワクチン接種MMR自費で、自然感染免疫者再実施ワクチンを打つ必要がない.

Pは医師も医師の向上を呼びかけ、患者にかかる時、麻疹の疑いがある場合、直ちに通報し、利衛生機関に直ちに予防措置をとり、感染拡大を避ける.別の民衆が発熱、鼻炎、結膜炎、皮膚紅斑などの症状を尽くすべき速、医者にかかる主動告知医師関連観光史.民衆などの関連質問歓迎~疾管署から免れまたははしか別刷り国内有料発生通報とご配慮を専用線1922(または0800-001922)問い合わせる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です