ロマンチックな光の口臭燭光はよく発癌性があるかもしれない

アメリカ化学学会年度大会で最新発表の研究結果によると、パラフィンはローソクのろうそく燃焼による有毒成分が含まれ、長期にわたって発癌性があるという.イギリスによるとデイリーテレグラフにじゅう日の報道によると、アメリカの科学者は普段の広範な使用パラフィンキャンドルの研究を行って、蝋燭を置いて小部屋で燃焼約ご時間、木炭で吸収して燃えて放出される化学物質、あとで炭の化学物質を内部吸収スペクトル図分析.その結果、パラフィンのキャンドル燃焼の産物に高い濃度のトシルとベンゼン、トルエンが眩暈、ベンズはご存知の発ガン物質、喫煙による煙の中でもベンズが含まれます.アメリカサウスカロライナ州立大学の研究者·アミ徳;哈メートル迪はたまたま使ってろうそくの影響は小さいが
,長年を大量に使用ろうそくや換気していない部屋で,例えばトイレの浴槽の週り時キャンドル、一日一字を学べば三百六十字は重大な疾病のリスクが増加している.研究者は、室内のアレルギーと呼吸システムが悪くないと指摘し、事実上、ろうそくに燃える汚染物の体反応についても指摘している.揺れるキャンドルはディナーや入浴にはロマンチックな雰囲気を作り出すことができるが,口臭、科学者たちは、お気をつけ、適量にろうそくを使う.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です