配合禁忌で西洋医学连合応用の口臭配合禁忌

p中には西洋医学の共同応用は当時にも不良反応が発生し、現在毒副作用が現れ、臨床治療に影響を与える.西洋医学では、または中医薬品を一日以内に交互に使う時、なければならない厳しい秤格掌屋に西洋薬の配合禁忌.

p1、溶性性物質を形成する:<P>

などテトラサイクリン族やイソニアジドなどと石膏、海そうひょう蛸、アワビ、竜骨、カキ、アカガイなどにはカルシウム、マグネシウム ,鉄,アルミニウムプラズマ反応、水に溶けにくい錯体生成、前者の吸収に影響を与えることによって、治療効果を下げ.

2、薬物の分布と排泄に影響する:

に影響を与える

のように富んでサルファ剤と有機酸のウメ、蒲公英、五味子と同じで、サンザシ、でもスルフ尿中形成結晶;この漢方薬の増加も可能で、フラン.リファンピシン、アスピリン、インドメタシンなどの薬は腎臓の重吸収、蓄積中毒を引き起こす.

酵素活性を抑制する:と<ヒ素酵素結合形成溶けないの瀋殿を酵素失活ので、西洋医学のように、多酶片ペプシン酵素、乳酶生涯、アミラーゼ、胰酶などができないとヒ素製薬六神丸、牛黄解毒丸、小児は奇は丸、解毒消炎丸など実用.

4、酸塩基中和:

などサンザシ、サンシュユ、五味子やウメ丸、サンザシ丸、圧し丸、六味ジオウ丸などの酸性漢方薬にすべきではないとアミノフィリン、重炭酸ナトリウム、胃の舒平等アルカリ薬は共同使用して、両者は影響を受ける.

P5,口臭、毒性反応:

などの水銀の朱を鎮めて丸、六神丸、人丹、七厘散、紫雪丹、ソ合千香丸、冠心ソ合丸などないと臭化カリウム、臭化ナトリウム、ヨウ化カリウム、ヨウ化ナトリウム、硫酸第一鉄と同じ服で還元反応生成し、毒の臭化水銀、硫黄化水銀、よう化水銀など.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です