麻薬を吸う者は、違う薬物吸引後の口臭反応を見ています

ご存知のように、人々は麻薬使用後は中毒症状が現れやすくて、またある者は麻薬吸い麻薬後手足非常に冷たいの症状が現れ、もちろん、みんなで普段は多種の表現を通じて症状で気付いて身の回り人が麻薬を吸うかどうか、以下の本文はみんなのために詳しいの紹介.

吸引不足が覚せい剤の陽の息,口臭、手足が冷たいのは1種の" ;閉じ症"、いわゆる" ;閉じ"は通じないとされ、涼しい天候や体が冷えなどの要素の影響により、肝脈が冷える.

Pは以下の特徴があります:

(いち)吸引大量に麻薬使用回数が増え始め,中毒:中毒症状を含む寡黙、頭痛、錯乱、高熱を出して、血圧の上昇、寝汗、瞳が大きくして、食欲を喪失.精神錯乱、判断障害、疑い深い、幻聴、被害妄想など.

には、精神的な低迷、昏睡、怒り、イライラ、不安、心配、自殺の傾向があります.心臓血管病気の症状が出な頭痛、身震い、顔色が靑白くや発赤、動悸、不整脈、狭心症、高血圧、血圧低下や循環性脱虚;は胃腸障害などが、口の中が口金属味や拒食、吐き気、嘔吐して、下痢、お腹が差し込む;深刻な生まれ痙攣、脳出血、昏睡緻死.

自分の身の回りの人を観察する人は麻薬麻薬があることを観察することができますか?

(いち)吸引ケタミン(ケタミン):吸引初期、体の力が抜けて、いったんリズムの音楽に触れる爽やか、条件反射のように強く、手の舞い足の踏む所を知らずよじって、"狂力" ;普通続けて数時間長くても、だんだんばらばら虚脱まで体まで耐性.(前提はこの吸引ケタミンの人は鼻炎、鼻からケタミンは吸入,長期麻薬による鼻深刻な被害が出て、いつも流清鼻水、鼻一吸一吸)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です